【人工授精6回目】高温期15日目妊娠検査薬陰性でリセット

こんにちは、ハルです。

高温期15日目に、妊娠検査薬陰性で、その後生理が来てしまいました。
今回は、人工授精(AIH)6回目失敗の振り返りの記事となります。

今周期もクロミッドとゴナールエフ注射での排卵誘発

いつも通り1日2錠を5日間クロミッドを飲み、病院でゴナールエフ注射も打っての排卵誘発でした。
途中から急に卵胞が大きくなったため、「では明日人工授精」といきなり人工授精の日にちが決まったため、会社は仮病で休みました(^-^;

会社には、不妊治療を行っていることをまだ伝えていないため、夫も私も休めない時がありそのような時はタイミング法にするしかなくなります。
今回は仕事が忙しくなかったため、最終手段の仮病を使いましたが、仕事と不妊治療の両立は本当に大変ですね。

夫の調整後の精液検査の結果

今回の、調整後精液検査はこのような数値でした。

精液量:0.5ml
運動精子濃度:61.30(百万/ml)
総運動精子数:30.65(百万)

過去最高に良い値で、一時は体外受精レベルと言われましたが、かなり改善してきました。
量が少し少ない気もしますが、医師からも特に問題なしと言われました。

ワンクリノン腟用ゲルで黄体ホルモン補充

前回の人工授精5回目の記事でも書きましたが、今までに、デュファストン、ルトラール、メドロキシプロゲステロンでの黄体補充を行っていました。
しかし、効いていないのか足りないのか原因はわかりませんが、いつも高温期10日目くらいで、高温のまま生理の出血が少しずつ始まってしまいます。

通常14日間くらい高温期が続き、高温期中は出血がないのが正常で、一般的には高温期のまま出血があるのは黄体ホルモン足りのが原因ということです。
ただ、私の場合は黄体補充をかなりしっかりと行っており、そもそも血液検査では私の黄体ホルモンはそれほど少ないわけではないので、医師も原因がわからず困っていました。

私の通院している病院は、医師が3名おり、シフトで担当医師が変わるのですが、3人ともこれといった原因がわからないとのことなので、本当に謎な現象なんでしょうね。。

医師からは、もしかしたら着床は今までに何回かしてるかもしれないけど、10日目くらいの出血でダメになっているのかもしれないとも言われました。
こうなってくると、この生理前の出血問題が解決しない限り体外受精に進んでも意味がない気もしてきます。

そこで今回初めて試したのが、ワンクリノン腟用ゲルという、膣内に直接薬を投入する黄体補充の薬です。

こちらは体外受精でも使われているものなので、デュファストン、ルトラール、メドロキシプロゲステロンよりも威力が強いんじゃないかと個人的にはかなり期待していました。

期待通り、初めて、高温期15日(もしかしたら16日?)まで出血がなく、高温を維持することができました!
結果リセットしてしまいましたが、少し前に進めた気がします。

ただ値段がかなり高く、1本1,400円ほど(-_-;)
1日1本を、10日間使用しているので、1周期で14,000円・・・。
これからタイミング法にしたとしても、黄体補充の薬であるワンクリノンは必要になるため、この費用は毎回かかり、かなりきつい出費になります。。

排卵誘発、人工授精、そしてこのワンクリノン、現時点で1周期5万円か6万くらいはかかっています。
病院に払うお金だけではなく、サプリ代なんかもかかります。

不妊治療が進むにつれ、お金がどんどんかかってきて、お金の不安もあります。
来年から人工授精も保険適用になり3割負担となりますが、遅い!!
今すぐにでも保険適用にしてほしいです(>_<)

高温期15日目妊娠検査薬陰性

初めて15日まで高温期が続き、「病院で妊娠していなければこの日くらいまでに生理がくるよ」と言われていた日にちを超えたため、妊娠検査薬を使用するため、トイレに行きました。
そしたら、生理の出血が・・・。

ほぼ生理とはわかっていましたが、諦めきれず妊娠検査薬も試しました。
結果は陰性。うっすらすら線は見えませんでした(;_;)
光にかざしてみても、1時間くらい経ってから見てみても、蒸発線とかいうものも、なーんにもなく真っ白。

ちなみに使用した妊娠検査薬は、Pチェックというものです。

実は高温期11日目くらいにも、人生で初めて妊娠検査薬を使用しましたが、こちらも陰性でした。
ただ、Pチェックは感度が悪いと言われているため、この時はまだ妊娠の可能性は捨ててはいませんでした。

しかし、さすがに高温期15日目に陰性で、さらに出血があったら、妊娠していないということは嫌でもわかります。
期待していただけに、かなりショックでした。

リセットで初めて泣いてしまいました。。
不妊治療って本当に、リセットのたびに本当に絶望します。

どれだけお金をかけても、リセットするたびにそのお金は無駄になります。
ドブに捨てているようなものです。

次回は人工授精7回目

初めてワンクリノンによる黄体補充で、高温期が15日まで延びたし、単純に体外受精に進む勇気がないというのもありますが、もう少し人工授精をしてみます。

期待すると、生理が来た時にショックが大きいということを、今回身をもってわかったため、次回はあまり期待しないようにしようと思います。

今回は初めて高温期が延びたため、妊娠検査薬を2回も使用してしまいましたが、今回でワンクリノンの使用が終わってからだいたい何日で生理がくるということがわかったため、次回は妊娠検査薬の使用をもう少し控えようと思います。

ずっとクロミッドでの排卵誘発をしていますが、妊娠に至っていないため、自己注射による排卵誘発にしようかとも医師と話していましたが、やっぱりAMHがそんなに低いわけではないということ、多嚢胞とのことで、たくさん排卵する可能性があるため、自己注射は中止になりました。

ただ、クロミッド以外の薬も試そうとのことで、今回はレトロゾールを服用することとなりました。
卵胞がある程度大きくなってこれば、注射による排卵数の調節もしやすいとのことなので、レトロゾールを飲み終わったら、卵胞の育ち具合に応じて今まで通り、病院で注射を打っていこうと思います。

次回は、人工授精7回目となりますが、あまり期待しすぎないように、体調も整えていきたいと思います。

【人工授精7回目】高温期16日目茶オリ開始
人工授精7回目の記録です。今までクロミッドによる排卵誘発をしていましたが、初めてレトロゾールを使用したところ過去最速で卵胞が大きくなりました。