男性不妊改善のために行うと良い10のこと【生活習慣改善・サプリ・運動】

こんにちは、ハルです。

私の夫の精液はあまり優秀ではなく、男性不妊といわれる状態でしたが、男性不妊に良いと言われるいろいろな方法を試していたら、少しずつ値が改善していきました。

男性は体調により精液の状態が変わるようなので、1回の精液検査の結果が良くなかったとしても、これから良くなる可能性はあるということです。
女性もストレスや体調などで排卵が遅れたりすることがあるので、男女ともに体調は整えていく必要がありますね。

夫は検査のたび良かったり悪かったりとムラがあるのですが、以前は人工授精でも厳しいレベルで体外受精の適応レベルと言われていたのが、今は特に問題なしレベルに良くなってきました。

量や運動率、濃度など全体的に良くなってきています。
今回は、我が家で男性不妊改善のため、行なっていることをご紹介していきます。

運動・筋トレする

よく言われることですが、運動はやはり大事ですね。
代謝が高まり、ストレスも軽減されます。

当たり前のことですが生活習慣を直し、健康的な生活を送ることで、妊娠率はアップします。

ちなみに夫は、ランニングをしたり、ダンベルなどでの筋トレを主に行なっています。
運動がもともと好きな方だったので、楽しんでやっているようですが、運動が嫌いな方はなかなか運動する気になれませんよね、わかります。私がそうなので(笑)

運動が苦手であまり好きではない方も、精液の質の改善には、必要なことと割り切って運動をしてみましょう。
子供の時に強制的に体育でやらされていた運動とは違い、大人になってから自主的に行う運動は意外と楽しいかもしれませんよ!

プロテインを摂る

運動後に、プロテインを積極的にとっています。
水に溶かしてプロテインを飲んだり、コンビニなどでも売っているプロテインバーを食べているようです。

タンパク質は男性不妊に良いとされていますが、毎日の食事をガラリと変えてタンパク質を摂るのは大変です。
なので、直接プロテインでタンパク質を摂ることにしました。(タンパク質は英語でプロテイン!)

夫は、運動とプロティンの組み合わせで、目に見えて精液が増えたと言っているので効果大だと思います(笑)
プロテインだけを取るのではなく、運動と組み合わせることで、栄養の体への吸収率が変わるのだと思います。

早寝をする

早寝をして疲れを溜めない生活を心がけました。
もともとは0時〜1時ごろに寝ていましたが、今は11時ごろにはベッドに行き眠りにつきます。

以前、朝仕事で起きるのが辛そうで、目覚ましのアラームがなっているのになかなか起きなかったりしましたが、早寝を始めてからは目覚ましが鳴る前に起きるときもあるくらい、気持ち良い朝を迎えているそうです。

私から見ても、朝のだるそうな感じが消え、元気いっぱいに出勤しています!
夫本人も朝の疲労感も消えたと言っていました。

朝ごはんをしっかり食べる

以前は朝ごはんを食べたり食べなかったりでしたが、しっかりと食べるようになりました。

朝ごはんを食べないと栄養も不足してしまいます。
生活習慣改善の基本は朝ごはんなのではないかとも思います。

前日に残業で帰ってくるのが遅い時は、夜ご飯を少し少なめにして翌日の朝ごはんをしっかりと食べるのがおすすめです。
夜遅くにたくさん食べてしまうと胃もたれの原因にもなりますし、消化されるのを待ってから寝るのでは、寝る時間が遅くなってしまいます。

朝ごはんをしっかりと食べ、エネルギッシュな生活が大切ですね。

サプリを飲む

男性不妊のためのサプリがたくさん出ています。

ちなみに夫は、バイエル薬品のメネビットを飲んでいます。
私が同じ会社のエレビットを飲んでいるため、一緒に注文しています。

会社のお昼は外食したりもするので、足りない栄養も出てきそうです。
女性だけでなく男性も妊活サプリを飲むようにしましょう。

ナッツを食べる

ナッツ類は妊活にとても良いとされています。
塩が入っているナッツだと塩分取りすぎになってしまうため、塩が入っていないものを購入しています。

仕事中などちょっとお腹が減った時に食べており、自分のデスクにはナッツのボトルが置いてあるようです(^^)
おやつに甘いものや、塩分多めのしょっぱいものを食べるのを控えて、ナッツを食べるようにしましょう。

普段間食している方は、おやつ抜き!だと辛いですよね(^-^;
おやつ抜きではなく、ナッツに変更!をおすすめします。

お酒を控える

夫はお酒が好きで、500ミリのビールを少ない時で2本、毎日飲んでいました。
休みの日は昼からお酒を飲み、500ミリを4本とか飲みますし、連休中や飲み会の時はもっと量が多くなります。

ちょっと飲みすぎなので、数日に1本とたまに飲むくらいにしてもらいました。

お酒が好きな夫なのでお酒を減らすことに、はじめ渋っていましたが、お酒をやめてからどんどん体がスリムになっていっているようで、今ではストイックに禁酒を頑張っております。

ついでにお酒代が節約になります!ヤッター(^o^)

湯船に長くつからず、あたためすぎない

女性は、体を温めた方が良いとされていますが、男性はその逆で温めてはいけないそうなので、難しいですよね。
日頃から、湯船にはさっと入るだけで、長風呂はしないように気をつけており、排卵日近くは、夫はシャワーだけで済ましています。

岩盤浴にもたまに出かけていましたが、出かけなくなりました。(コロナが流行っているというのもありますが)

他にも、足を組んだり、長時間座っていると、熱が溜まってしまうので良くないみたいです。
仕事中もたまに立ち上がってストレッチなどしているようです。

デスクワークの時などは、意識しないと立ち上がらないと思いますので、1時間に1回立ち上がるなど決めておくと良いかもしれませんね。

漢方を飲む

夫は毎食の食前に、こちらの漢方を飲んでいます。

  • 補中益気湯
  • 生薬コウジン末

漢方のお店でも買えますが、こちらは私の通院している病院で処方してもらいました。
病院のついでにもらえるので、病院での処方がおすすめです。

漢方の効果が出るのにはある程度日数(数ヶ月)がかかるようなので、すぐに効果は出ないかもしれませんが、継続は力なり!

下半身を締め付けないため、ゆるめの下着にする

締め付けは良くないとのことで、緩めの下着に変えました。
妊活に適した下着なども売っているようなので、よろしければ検索してみてくださいね(^-^)

夫婦で話し合って妊活を

どこまでどんな方法で妊活するか。
意見を押し付けるだけでは、どちらかが不満を持ち、喧嘩になってしまいますので、結局夫婦で話し合ってどのようなことを実践していくか考えていくのが大事だと思いました。

個人的には、通院や治療などで大変な思いをするのは主に女性なので、男性もできることはやり、協力してほしいと思います!!

夫の協力なしでは、妊娠することはできません!
これからも夫婦で話し合って妊活していきたいです。